アネモネリーフの基本情報

アネモネリーフはプーケットからで東へ1時間30分のところにあります。
シャークポイントの北約600メートルの水面からすぐ下に横たわっているのがアネモネリーフです。


アネモネリーフのファンダイビング情報

アネモネリーフのダイビングレベルは中級者から上級者あたりなら十分楽しめるスポットです。
アネモネリーフは、シャークポイントの近くにある隠れ根ダイビングポイントです。
シャークポイントトと同じように、バラエティーに富んだ魚達が生息していることで有名で、
魚影の濃いダイビングスポットです。魚群はダイバーの視界を奪うくらいです。
多くのダイバーがこよなく愛するダイビングポイントの1つですね。

小さな根の周りには、スポット名の「アネモネ」と呼ばれている通り、
イソギンチャクが多くびっしりの状態です。
岩を覆い尽くしているイソギンチャクに初めての方は驚かされることでしょう。
そのため、このアネモネリーフはイソギンチャクと光のコントラストが素晴らしいと
ダイバーの間では大絶賛されているほどです。

また、イソギンチャクが多いこともあってまさに知る人ぞ知るクマノミパラダイスが広がっています。
しかも、アンダマン海に生息するスカンクアネモネフィッシュ(インド洋種)をはじめとする
4種類のクマノミと出会えるポイントです。
日本でも大人気のクマノミですので、クマノミ好きにはたまらないダイビングスポットです。

その中でも是非みてみたいのがトマトアネモネフィッシュです。
近くのダイビングスポットであるシャークポイントでも見ることができますが、
インド洋の固有種なので、アネモネリーフにいったら是非とも会って見たいですね。

その他にも、プーケット近海では個体数の少ないホソヒラアジの群れにも出会うことが出来ます。
しかも、アネモネリーフでは立派な群れを構成しているほどです。

プーケットでは名物となっているトラフザメが砂地で寝ていたり、
シャークポイントと近いということあってトラフザメとの遭遇率も高いのが特徴です。
また、フラフラと泳いでいるアオリイカの群れは美しく一度はみてみたいものですね。

透明度10~15mですが変わりやすい特徴があります。
潮流は変わりやすく、強く流れるときもあり
日によっては潮流が早いこともあるので中級者以上にお勧めのポイントです。
水面の状態も荒れることが多いです。