キングクルーザー

キングクルーザーとは沈船のことです。
1997年5月4日にキングクルーザーフェリーは
プーケット島とピピ島の間にあるネモネリーフに衝突して座礁、
600名の乗客・乗務員は沈下し始めてから沈没するまで約2時間ありましたが、
その間に近くにいた漁船によって全員無事に救助されたという事件でした。
その後、キングクルーザーはプーケットでも人気のダイビングスポットとなりました。

実は、キングクルーザーは以前、四国連絡船(大型カーフェリー)として使用されていたので、
実はその昔、日本の船だったんですね。当時は六甲丸と呼ばれていました。
キングクルーザーは長さ85m、幅25mのフェリーです。
水深33M前後にほぼ原型をとどめたまま沈んでいます。


キングクルーザーのファンダイビング情報

キングクルーザーは、初級者から楽しむことができるダイビングスポットです。

キングクルーザーは、海底32mにありますが、
右上がりの状態で沈んでいるため、
アッパーデッキ部分は水深18m位の所に位置しているので、
初心者ダイバーはダイブマスターと同行すれば楽しめることでしょう。
ちなみに、船尾にあるプロペラは深さ30mと最深にあります。

この海域は荒れることもあり、潮流はかわりやすく、強い流れのときもありますが、
透明度は2~25メートル前後あります。

全長80mの巨体な沈船の周りには、数千から数万の魚が生息しており、
沈船が見えなくなるほどの魚の群れが訪れるプーケットダイビングスポットでも
大人気の場所がキングクルーザーです。

魚の種類としては、オニカサゴ、ハナミノカサゴ、ブラックフィン・バラクーダー、
フエダイ、フュージラーの群れといった魚達に出会えるだけでなく、
ダイバーの最もお気に入りの魚であるギンガメアジにも遭遇することでしょう。

しかし、年々、沈船自体が崩れかかってきていることもあって危険なのですが、
崩れてきたところから差し込む光がとっても幻想的であり、
暗闇を好む魚達が沢山住みついているので、ライトを持って覗き込んだりしてみたいものですね。