ピピ島の基本情報

ピピ島と言うとレオナルド・デカプリオ主演の映画『ザ・ビーチ』で
メイン舞台となったことで有名な場所です。
そのため、多くの観光客が訪れる観光地となっています。

さて、ピピ島はホテルやダイビングショップがあるメインのピピドンと、
無人島のピピレイから構成されている島です。
その他にも複数の島があるため、それらをまとめてピピ島と呼んでいます。
エメラルド色に輝く海とサンゴ礁に囲まれた美しい島です。

ピピ島の海岸線はかなり入り組んでいることもあって、
海とは思えない穏やかなビーチが点在しているのが特徴です。
映画の舞台となったのがピピ島のマヤベイ湾は無人島のピピレイに位置しています。
映画を観た方なら分かると思いますが、神秘的な雰囲気をもったビーチが多いです。
ピピレイの東側にあるローサマ湾は雨季となっても透明感のある穏やかな入り江なので、
シュノーケリングも楽しむことができます。

ピピドンでは雨季シーズンは東側のビーチがお勧めです。
東側のバンブー島は白砂の美しいビーチが続き、地元の人にも人気の島となっています。
ホテルやバンガローも多いので、滞在してのんびり過ごせます。

ピピ島へはプーケットから東へ約45kmで、
プーケットからフェリーで所要時間1時間30分~2時間で到着します。


ピピ島のファンダイビング情報

ビビ島ではダイビングの初心者から上級者まで楽しめるダイビングスポットです。
ピピ島周辺には非常に多くのダイビングポイントあり、
一年を通して水温は29度前後あり、いつでもダイビングを楽しむことができます。

ピピ島は石灰岩からなる島なので、もちろん海中の景観も魅力的で、
水底までくドロップオフや大小の洞窟があったり、
ソフトコーラル、ハードコーラルに覆われたリーフには様々な魚達がいます。
ウミガメやクマノミ、トラフザメにも出会えることでしょう。
運がよければレオパードシャーク、
しかも、ジンベエザメの遭遇率もプーケット周辺では高いほうです。