シャークポイントの基本情報

プーケットから東へ1時間半ほどで着くのがシャークポイントです。
シャークポイントには海面から突き出した小さな岩があり、
数多くの魚や生物が生息していることから「海の聖地」として人気のスポットです。

生態系の保護や人気ダイビングスポットとしての環境保護といったことで、
1992年タイ政府は、この地域をマリンパークと定めました。
全ての商業用の漁業をはじめ、海産物採取はもちろん、
生態系に障害を加えるようないかなる行為を禁止されています。


シャークポイントのファンダイビング情報

シャークポイントは初級者でも楽しむことができますが、
ダイビングレベル的には中級者から上級者がお勧めです。

紫やピンクなどといった色とりどりのソフトコーラル群生しており
魚影の濃さが特徴的なダイビングスポットです。
水面に突き出た灯台の根をトップに、
大きな3つの根から成り立っているのがシャークポイントです。
灯台のある1番の根はアネモネリーフを一回り大きくしたような感じの根です。

シャークポイントの名前のもとになっているのがレオパードシャークです。
95%の確立でレオパードシャークに出会えると言われているポイントです。
体長2メートルほどのおとなしいレオパードシャークは
プランクトンを食べる安全なサメなので心配は要りませんよ。
ゆっくりと泳いでいるので写真撮影したいですね。
その他にも、多種のウツボ、ソフトコーラルやウミウチワ、
ヨコシマサワラ、コブシメイカ、イトヒキアジ、イケカツオ、ケショウフグ、
ツムブリなどがみらえるほどの「海の聖地」です。
乾季ではジンベイに遭遇するチャンスもあるかもしれません。
ジンベイに出会いたい人は2~3月に行きましょう。

潮流は穏やかで、水面の状態は荒れることが多く、水深は10~30mです。
透明度は10~15mであまり良くないですが、
プランクトンが多いため魚影の濃さには誰もが圧倒されます。